9月27(土)保全事業の取り組み状況:環境省

画像
9月27(土) 晴れ
環境省「関東地方環境事務所」
http://kanto.env.go.jp/
「谷津干潟自然観察センター」
http://www.yatsuhigata.jp/
13時30分から15時
事前申込み無し
当日参加

最初は、参加者に受付した時に渡された物を、担当者が各ページ事に説明をしてから、「質疑応答」を終了まで行われた。

9月26日「生きもの調査会」
http://honza.at.webry.info/201409/article_31.html
画像
受付で、受け取った資料
A4サイズ・両面カラー24ページ
画像
画像
「住民参加モニタリングの試験運用」について質問をしました。
(平成26年9月26日現在)

「みんなで見守る谷津干潟」
住民参加モニタリング
投稿者数 58人
全投稿回数 202回
投稿回数ランキング
1位(48回)honzaさん
2位(28回)津田沼高校生物部さん
3位(27回)やまとさん

この回数で、1位とは思えなかったが、興味が薄いのかな~?

説明だけで、何も無かったです。
モニタリングのワッペンなどが有ったら、やる励みになったのに~!

「定点観測の情報が欲しい」のを再確認しました。
これからも、続いてやりたいと思います。

検討事項
場所が判り難い。
場所を数ヵ所変更。
風向き・天候などの項目。

直接質疑応答が出来て、参加して良かった。
画像
「硫化水素」連続観測器
アオサの臭いの指標がグラフで表示されていた。
画像
画像
「嵩上げ・杭設置」
アオサが岸まで来なくなって居るが、サギ類が中に入れない!!
画像
16時40分
対岸の小学校から

終了後
担当者から呼び止められて、「アオサ」「ホンビノス貝」などについて、立ち話しだったが色々話が出来て谷津干潟に来ている人の目線からの干潟について、説明が出来て理解されたようで谷津干潟の環境が良くなって行くように感じました。

ホンビノス貝
カナダやアメリカからの大型船
荷物が空なので、航行中の船のバランスを保つために海水を船に給水した時に、多くの生物も一緒に入って
東京湾の港で「排水」された時に日本に下ろされて、繁殖力の強いのが満潮などで谷津干潟にて繁殖している。

元々「外来生物」なので、日本の環境が破壊されて居るので、撤去は必要だと感じて居ます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 1月22(木)谷津干潟:関東地方環境事務所

    Excerpt: 1月22日(木)雨のち曇り 19時から20時30分 雨が降って居て、ららぽーとTokyoーBAYにて、時間つぶしして行きました。 Weblog: honzaイベント日記 racked: 2015-01-23 19:41
  • 2月13(土)サイエンスカフェ(2/):環境省

    Excerpt: 【谷津干潟の保全事業について】 環境省関東地方環境事務所 http://kanto.env.go.jp/ いであ株式会社 http://ideacon.jp/ 何度も、谷津干潟に入って居るが、どんな話.. Weblog: honzaイベント日記 racked: 2016-02-13 19:17
  • 2月27(土)27年度 保全事業の取り組み状況:環境省

    Excerpt: 前回ブログ http://honza.at.webry.info/201501/article_47.html 2014年9月 http://honza.at.webry.info/201409/ar.. Weblog: honzaイベント日記 racked: 2016-02-27 19:40