6月9(土)TOKYOウォーク2018:1日目 駒沢オリンピック公園

画像
世田谷・拍江エリア【Aコース】IVV21km
とても暑いウオーキングでしたが、無地に「IVV 21km」完歩で来てホッとしました。
今日で、IVV 27,021km 1,700回

主催者発表:総合計参加者4,349名
画像
画像
大会パスポート提示で、「済」スタンプ押されて、東京オリンピック2020マグネットバッチ(非売品)や、東京都関係のパンフレット等を頂きました。

ブログ
2016年1回目
http://honza.at.webry.info/201605/article_5.html
2015年1回目
http://honza.at.webry.info/201506/article_38.html
昨年は、JML 日本マスターウオーカー取得を優先して、日程が重複してしまい1回だけの参加になった。
今年は、2年ぶりの全大会参加しての完歩をしたいです。
画像
とても広いので、会場が見つけ難かった。
画像
今回の参加記念品
○東京都水道局「東京水」金町浄水場 350ml:PURE TOKYO WATER
品名:ボトルウオーター、原材料名:水(水道水)、販売者:東京都水道局、製造所:秩父源流水、採水地:金町浄水場、硬度:37~92mg、賞味期限:2018年10月26日
ボトル詰めの過程で塩素を除去しています。
※水道水には塩素が入っているのです?
東京都が主催しているので、その関係のが多かった。
画像
画像
Starbucks二子玉川公園店
03-5797-5505
8~21時
〒158-0094
東京都世田谷区玉川1丁目16?1
二子玉川駅(東急大井町線、東急田園都市線) 徒歩12分
土手の上にて単独建築物が在ってビックリしましたが、多摩川沿いのランニングやサイクリングなどの休憩場所として認知されているようで満席状態でした。
画像
画像
多摩川の上流を進みましたが、野鳥は見られなかった! 二子玉川駅が、奥に見える。
画像
画像
画像
何とか「カワウ、コサギ」等を見ることがで来てホッとしました。
画像
無料で置かれていて、ゴール後
69才でも安全なのを知ってホッとしました。
画像
東京オリンピック時の駒沢オリンピック公園のシンボル
画像
Aコース約20km
Bコース約12km
Cコース約8km
ネイチャーウォークコース
こどもウォークコース(1・3・5大会)

1大会当たり 定員:4,500人
事前申込み:大人1000円、中高生・75才以上500円
当日:大人1500円、中高生・75才以上1000円
小学生以下:無料
画像
画像
要項 会場
1:世田谷・狛江エリア 駒沢オリンピック公園
2:瑞穂・武蔵村山エリア みずほエコパーク
3:江東・臨海エリア 東京臨海広域防災公園
4:国分寺・立川エリア 武蔵国分寺公園
5:練馬・中野エリア 光が丘公園

主催
東京都
http://www.metro.tokyo.jp/index.htm
一般社団法人 日本ウオーキング協会
http://www.walking.or.jp/
電話03-5256-7855

共催
産経新聞社
https://sankei.jp/

特別協賛
LION
http://www.lion.co.jp/ja/
画像
【感想】
暑い気候のウオーキングでしたが、無地に完歩で来てホッとしました。

【服装・装備】
作務衣:汗のベタ付きが無く、気持ち良く過ごせました。
サンダル
携帯長靴(日本野鳥の会公認)携帯してましたが、使わずに済見ました。
ウオーキングポール(lekiピクニックショート、5年前に購入)久しぶりに使ったが、気持ち良く歩行の補助になって楽でした。

【日程】
家 420 始発のバス

船橋駅 451
東西線

535 九段下 540
半蔵門線・中央林間行き

渋谷駅
東急田園都市線 直通

600 駒沢大学駅
マクドナルド

駒沢オリンピック公園 910
Aコース
受付 830-
開会式 845-900
出発 900-
1,350歩

10 二子玉川公園 1020
Aコース最終通過 -1110
WC
4,550

1110 多摩川橋(東名高速道路) 1130
暑く、橋の下で日陰休憩
5,980

12 Aコース 10.1km地点 1210
最終通過 -1235
wc
9,670

1255 Aコースチェックポイント 1310
13km地点
14,680

1500 駒沢オリンピック公園 1600
ゴール
28,000歩

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック